×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

結婚して初めて知った相手の生活習慣

妻とは共通の友人を通して、ほとんどお見合い結婚です。
お互い別々の家庭で育ってきたのだから生活の仕方が違うのは当然だと思ってます。
それにしても違うところが多すぎて、歩み寄るにも限界を迎えようとしています!

初めは本当に小さなことでした。
朝食はパンかごはんか、です。
私はご飯派でできればお味噌汁がほしい、でも妻はパンが希望。
逆なら問題はなかったのでしょうが、作る妻が手軽なパンだったもので「面倒ね」と言われてしまいました。
それでも初めはその面倒なこともしてくれてました。
さすがに申し訳ないと思ったので、食事の片付けは私がやるといいました。

でも、やっぱり仕事をしているとどうしてもその片付けができない時がありますよね。
ちょうど大きな仕事の納期が迫ってきていて、直前に変更事などあったことから、始発と終電を繰り返すような日々が続いていた時でした。
土日も出勤が続いてた中、たまの休日で朝寝坊を満喫してたのですが、妻に激しく起こされました。
「朝食の片付けしてよ!」
家にいる時は食事の片付けは私がやると約束したのは確かですが、疲れていたこともあり
「昼食が終ったらまとめてやるよ」
と返しました。
ですが、妻的には使った食器が流しにそのままになっているところで料理なんかできない!と怒り出しました。

確かに家はいつも綺麗ですし、シンクも水滴まできちんとふき取っている妻です。
ですが、ここまで潔癖とは思いませんでした。
私の実家では基本毎食毎に食器を洗ってますが用事があるときなどはまとめて洗ったりもします。
それが普通だと思っていたのですが…。

1箇所不満が出ると次から次へと出てくるものですね。
今では、便座の上げ下げまで口論の元になってます。


需要と供給